ウミノキロク

自分用のメモみたいな日記みたいなやつ。面白い事は書けません

子供とガチで喧嘩した

今日はお迎えから何かと子供とぶつかる日だった。
発端は子供が仲のいい子供とだけタッチ(お別れの挨拶)して、他の子がタッチ待ちしているのにスルー(っていうかほぼ無視)してこっちに来たので「あの子ともタッチしてきなさい」って言ったらむくれていた。

帰りも駐輪場までの短い道で隠れたりするので先に帰ろうとしたら怒り出した。
(それもなんだかちょっと「○○だって言ってるでしょ!」みたいな強めの発言をしたので「そう言う言い方は良くないんじゃない?」って注意した事が起源ぽい)
それは「同じ話し方でも強めに言うのと普通に言うので気持ちが違うよね」みたいな話はして本人も理解したっぽかった。

そのあと穏やかに過ごしていたけど、お風呂でグズグズし始めたあたりからまた衝突。
頭拭こうとしたら「一人でできるし!触らないで!」みたいなことを言われたので(いつもはほぼやってもらおうみたいな感じの癖に)「それなら自分でやってね」って放置。
「一人でできるし!、って言ったよね?」
って言ったら相手も意固地になって歯磨きも一人でしてトイレも一人で言ったので一人で布団に行かせてPCの部屋へ。

「一人でいいならお母さんはもういらないか、仕事しよ」
って言ったら会社に行くと勘違いして走ってきてギャーギャー声で

「どうじでぞういうごどいうの?!」
って独白始まった。

「ぼくはお母さんが好きなのに どうしてそういうこと言うの?
お仕事してもいいから終わったら寝る部屋に来てだっこだっこしてほしい 
だって寂しいから
なんでもは一人でできないし 意地悪もしたくない
ごめんなさい もうなんでも一人でできるしって言いません
だから会社は行かないで家でお仕事して
僕は寝て待ってるから終わったら隣でだっこだっこしてください」

と泣きそうになりながら言うので(喋ってる時は泣いてなかった)

「お母さんは君が風邪引いて欲しくなくて頭ふくのお手伝いしたのに
そう言われて悲しかったんだよ、歯磨きも仕上げしなかったし
君にはもうお母さんいなくても生きていけるのかと思って寂しかった、
だってお母さんは君が大好きだから。
大好きな君に意地悪して欲しくないしみんなと仲良くしてほしい。
一人でできるようになるのはいいことだけど、
そうしたらおかあさんはいらなくなるの?」

と尋ねたらわあああって泣いて
「何歳になってもお母さんにいてほしい ごめんなさい」
って言ったので私も泣いた。超泣いた。
涙が出てるのに気付かれて息子に頭なでられた。

仲直りして抱きしめてから布団に寝かせたら
「もう大丈夫だよ、お仕事して来て」
と手を振られた。

まだ短絡的なところは多いけど色々考えてて、それを言葉にして、
色々がんばってるんだなーと思ってまた泣けた。